注目の記事

こんにちは。川口市から半径2kmの終活ガイドです。

年金、税金、相続、法律のことなど、誰に相談していいのか分からない、という方のために、ここでは「終活の専門家と相談窓口をまとめました。終活は、すべてを一人でこなすのは難しいため、自治体のサポートを受けたり、法律や税務については専門家への依頼が大切になります。終活のお悩みごとは専門家に相談しましょう!

終活の専門家や自治体の相談窓口

高齢者の生活を支える制度やサービスの多くは自治体が窓口です。手続き方法が分からないときは、自治体に問い合わせるとよいでしょう。経済的な事情で国民年金や国民健康保険の支払いが難しいときは、国保年金課に相談します。税金や法律関係のことについては、自治体の無料法律相談・税務相談を利用するとよいです。

法律の専門窓口

法律
  • 弁護士
    相続争いになったときに、相続人の代理として法律行為を行う。
  • 司法書士
    不動産の登記手続きや遺産分割協議書など、税務署、法務局、裁判所、検察庁に提出する書類を作成する。
  • 行政書士
    自動車の名義変更や遺産分割協議書など、官公庁に提出する書類を作成する。
  • 法テラス(日本司法支援センター)
    無料で法律相談を受けられる公的な窓口で、法的なトラブルの解決やサービスを提供する。

税金の専門窓口

税金
  • 税理士
    各種税金の相談や、納税申告書を作成する。相続や贈与について相談するときは、相続税に詳しい税理士に相談することが重要です。
  • 税務署・国税庁
    税金関係について相談できる公的な機関です。

年金の専門窓口

年金
  • 社会保険労務士
  • 街角の年金相談センター
  • 社会保険労務士
    労働や社会保険に関する書類の作成や、年金の相談など。
  • 日本年金機構
    年金に関する相談や手続きができる公的な窓口です。ねんきんダイヤルでは、電話で年金相談を受け付けています。
  • ファイナンシャルプランナー
    年金の申請書の書き方がわからない、自分のもらえる年金額を知りたいなど。

まとめ|終活の専門家や自治体の相談窓口

多くの人はこれら専門家のお世話にならなくても老後を無事に全うできると信じているかもしれません。万が一、専門家の手助けが必要になったとき、誰にお願いしたらいいだろうかと悩むこともあるかと思います。万が一のときに焦って失敗することがないように、今、なんでも無いときから専門家にお願いしておくといいです。私の場合は、ファイナンシャルプランナーさん(I先生)に年金のことならいつでも相談できる安心感があり、肩の荷が下りた感じがしています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事