注目の記事

こんにちは。川口市から半径2kmの終活ガイドです。

遺骨ダイヤモンドの4Cを解説

遺骨ダイヤモンドも国際基準の4C評価を受けます。4Cはカラット・カラー・クラリティ・カットのことです。ただし遺骨ダイヤモンドは人工ダイヤモンドですので、透明度の計測をメインにしているGIAのカラー項目だけはそこまでの細かい測定をしません。カラットは重さの単位で1ctは0.2gです。カラーは無色透明の希少価値が高くなりますが、遺骨ダイヤモンドは自然に近い色がファンシーオレンジです。クラリティは透明性。カットでは小さな傷まで確認されます。

カラット

カラットは宝石の重さを表す単位で、1カラットは0.2gです。その昔、宝石の重さを量るのにイナゴ豆(カロブ豆)を分銅として使っていたことから、ギリシャ語でイナゴ豆を表す「Karation」に由来するといわれています。ダイヤモンドの大きさと勘違いされやすいので、ラウンドブリリアントカットでの目安の直径をメモしておきます。

ダイヤモンドのカラットと直径
  • 約1.0mm 0.01ct ミニ・ダイヤモンド
  • 約2.0mm 0.03ct
  • 約3.0mm 0.10ct
  • 約4.1mm 0.25ct
  • 約5.2mm 0.50ct
  • 約5.9mm 0.75ct
  • 約6.5mm 1.00ct
  • 約7.0mm 1.25ct
  • 約7.4mm 1.50ct
  • 約7.8mm 1.75ct
  • 約8.2mm 2.00ct

私のよく知っている遺骨から作るダイヤモンドの窓口で一番大きなダイヤモンドが2.00ctです。ですので表は2カラットまでにしました。1.00ctの重さは0.2gです。2.00ctだと0.4gになります。1円玉の半分くらいの重さです。

カラー

天然ダイヤモンドは窒素を含んでわずかに黄色みを帯びたものが多く、純粋な無色透明に近いものほど、希少価値が高くなります。色の評価は無色透明のDを最高に、黄色のZまでアルファベット23段階に分けられます。遺骨から作るダイヤモンドのような人工ダイヤモンドの場合は、無色の度合いを細かくは計測しせん。

それは窒素がダイヤモンド結晶に残して精製する場合や、ホウ素を残して青色ダイヤモンドを作ることがあり、カラーはほのかな色合いではなく、鮮やかな色のダイヤモンドを作り出すことができます。そのような鮮やかな色のことを「ファンシー」と表現します。

ダイヤモンドのカラー
  • ファンシーオレンジ
  • ファンシーイエローグリーン
  • ファンシーレッド
  • ファンシーブルー
  • カラーレス(カラーレス:無色)

クラリティ

クラリティとは、ダイヤモンドの透明度を示します。10倍率のルーペで観察して、内包物の大きさや数、位置、質、色や目立ちやすさ、カット後に発生したすり傷や摩耗などを総合的に評価します。等級は、傷や欠陥がまったく認められない「FL(フローレス)」から、肉眼でも内包物が確認できるものまで、11段階に分類されます。

人工ダイヤモンドは比較的クラリティが高く、天然ダイヤモンドはクラリティを犠牲にしてカラットを重要視している風潮があります。ダイヤモンドの鑑定士が「ひょっとしたら人工ダイヤモンドではないかな」と思うときは、クラリティの高さと、鮮やかなカラーだけだと言われています。

カット

カットはダイヤモンドの評価に人間が関わることのできる唯一の要素です。理想のプロモーションを基準に、仕上げの美しさ、技術力などを減点法で評価し、5段階に等級されます。カットの中で有名なのはラウンドブリリアントカットです。このカットは、光の反射によってダイヤモンドを傾けるたびに表情が変わります。

私の同僚がダイヤモンドの写真を取ろうとしたときに、同じダイヤモンドでも置き方や光の当て方で、さまざまな写真が撮れてしまって困ったとぼやいていました。悲観しているのではなくて、どの写真も魅力的で選ぶことができなかったと言ってました。

ダイヤモンドのカット
  • ラウンドブリリアントカット:小さなダイヤモンドほどきれいに見えます
  • プリンセスカット:正方形です
  • ラディアントカット:長方形です

4Cの証明書

ご遺骨から作るダイヤモンドですので、ダイヤモンド部分は好みで作ることができます。実際に出来上がってダイヤモンド鑑定士によりダイヤモンドの計測が行われます。ご遺骨から作るダイヤモンドと一緒にその証明書が届きます。

メモリアルダイヤモンド

heartindiamond.jp

メモリアルダイヤモンドのブランドハートイン・ダイヤモンドの窓口はこちらです。

ホームページ: heart-in-diamond.jp
メール:info@heart-in-diamond.jp
お電話:03-6555-3081

資料請求

メモリアルダイヤモンドの窓口も担当しています。わからないことがありましたらお問い合わせください。「資料を送ってください」とメールいただきましたら、他の窓口に負けない早さで対応させていただきます。

資料請求の方法
  • メモリアルダイヤモンドの資料請求してみる
    「資料を送ってください」だけで、大丈夫です。
  • 疑問があればこのときに質問を入れるといいです。
    「遺灰の量はどのくらい必要ですか?」「2つ申し込みしたいのですが」など
  • 郵送でカタログや資料が送られてきますので、ダイヤモンドの色と大きさ、ダイヤモンドをとりつけるジュエリー(リング/ペンダント)のデザインを選定します。

お急ぎのときはお電話も可能です(電話:03-6555-3081)。

窓口の探し方

窓口の会社は他にも5社程あります。信用できる窓口かどうか、納得して申し込まれることをオススメします。そのためには「カタログを送ってください」「遺骨はどのくらい必要ですか?」など簡単な問い合わせをして、窓口がどのように対応するか様子を見るといいです。

手続きの流れ(例)

  1. 「カタログを送ってください」
    送り先住所・電話番号・連絡がつきやすいメールアドレスを伝えます。
  2. カタログ・お申し込み方法・ダイヤモンドの選定方法が届きます。
  3. ダイヤモンドとダイヤモンドをとりつけるリングやペンダントのデザインを選びます。
    ダイヤモンドはカラーとカラットによって値段が違います。
    ダイヤモンドの値段とリングやペンダントの値段を合計すると製作費用になります。
  4. 見積依頼をします。
    見積書の金額でよかったら申し込みをします。
  5. 「申込書を送ってください」と、依頼します。
    申込書に署名して送り返します。
  6. ご遺骨を送り出します。
    お骨つぼごと送ることも、ご遺骨を申込書と一緒に送ることもできます。
  7. 振り込みします(半額を前払い)。
    ダイヤモンドが届きます(半年かかるようです)。
    (待っている間に、進捗状況の報告がときどき届きます)
  8. 振り込みします(残りの金額を振り込みして完了です)。
  9. ダイヤモンドが届きます。
    感想を投稿します。

まとめ|遺骨ダイヤモンドの4Cを解説

遺骨ダイヤモンドも国際基準の4C評価を受け、カラット・カラー・クラリティ・カットを詳しく記録されます。カラットは重さの単位で1ctは0.2g、カラーは無色透明の方が希少価値が高くなりますが、遺骨ダイヤモンドは自然に近い色がファンシーオレンジです。クラリティは透明性、カットでは小さな傷まで確認されています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事