注目の記事

こんにちは。川口市から半径2kmの終活ガイドです。

メモリアルダイヤモンドをあつかっています。そのホームページにある「ご感想」を初めて読んだとき、本当なのか?と疑ったことがありました。ところが、メモリアルダイヤモンドの受け渡しに初めて同席したとき、クチコミは本当だった事がわかりました。メモリアルダイヤモンドは、寄り添うダイヤモンドだったのです。

メモリアルダイヤモンドのクチコミ

メモリアルダイヤモンドを扱っているサイトで「ご感想」を読んだことがある人も「本当なのか?」と疑われたことがあるかもしれません。私は、まさか?そんなはずは?と思っていました。

です、がメモリアルダイヤモンドの受け渡しに初めて同席したとき「口コミは本当だった」と感じました。メモリアルダイヤモンドが初めて手元に届いたとき、涙される人もいらっしゃいますし、凛々しい美しさに感動される方もいらっしゃいます。気持ちそのままだったのです。

クチコミの抜粋

  • 「魂のカケラ……ダイヤを我が家でいつまでも目にすることができ、さり気ない親の暖かい味を思い出す瞬間を頂くことができました」
  • 届いたダイヤの箱を開けた時に、家族みんな笑顔になりました。
  • お骨で居た時は悲しく淋しい日々でした。ダイヤモンドで帰ってきてくれたら、半分生きて帰ってくれたような気持ちになり、うきうき感と心強さを覚えました。
  • 親切に丁寧に対応してくださり美しいダイヤとなって帰って参りました。

時間が解決しているのかもしれない

メモリアルダイヤモンドの特徴は、出来上がるまでに半年近くかかることがありますが、この待っている時間が悲しみを解決してくれているのかもしれない、と思いました。

難しい言い回しですが、故人に頼ることがなくなり自立することで、悲しみの長いトンネルから抜け出すことができます。メモリアルダイヤモンドを扱うものとしても、お問い合わせされた方が、悲しみから自立しやすい距離感を大切にしながら接して行きたいと思いました。

メモリアルダイヤモンド

heartindiamond.jp

メモリアルダイヤモンドのブランドハートイン・ダイヤモンドの窓口はこちらです。

ホームページ: heart-in-diamond.jp
メール:info@heart-in-diamond.jp
お電話:03-6555-3081

資料請求

メモリアルダイヤモンドの窓口も担当しています。わからないことがありましたらお問い合わせください。「資料を送ってください」とメールいただきましたら、他の窓口に負けない早さで対応させていただきます。

資料請求の方法
  • メモリアルダイヤモンドの資料請求してみる
    「資料を送ってください」だけで、大丈夫です。
  • 疑問があればこのときに質問を入れるといいです。
    「遺灰の量はどのくらい必要ですか?」「2つ申し込みしたいのですが」など
  • 郵送でカタログや資料が送られてきますので、ダイヤモンドの色と大きさ、ダイヤモンドをとりつけるジュエリー(リング/ペンダント)のデザインを選定します。

お急ぎのときはお電話も可能です(電話:03-6555-3081)。

窓口の探し方

窓口の会社は他にも5社程あります。信用できる窓口かどうか、納得して申し込まれることをオススメします。そのためには「カタログを送ってください」「遺骨はどのくらい必要ですか?」など簡単な問い合わせをして、窓口がどのように対応するか様子を見るといいです。

手続きの流れ(例)

  1. 「カタログを送ってください」
    送り先住所・電話番号・連絡がつきやすいメールアドレスを伝えます。
  2. カタログ・お申し込み方法・ダイヤモンドの選定方法が届きます。
  3. ダイヤモンドとダイヤモンドをとりつけるリングやペンダントのデザインを選びます。
    ダイヤモンドはカラーとカラットによって値段が違います。
    ダイヤモンドの値段とリングやペンダントの値段を合計すると製作費用になります。
  4. 見積依頼をします。
    見積書の金額でよかったら申し込みをします。
  5. 「申込書を送ってください」と、依頼します。
    申込書に署名して送り返します。
  6. ご遺骨を送り出します。
    お骨つぼごと送ることも、ご遺骨を申込書と一緒に送ることもできます。
  7. 振り込みします(半額を前払い)。
    ダイヤモンドが届きます(半年かかるようです)。
    (待っている間に、進捗状況の報告がときどき届きます)
  8. 振り込みします(残りの金額を振り込みして完了です)。
  9. ダイヤモンドが届きます。
    感想を投稿します。

まとめ|メモリアルダイヤモンドのクチコミ

メモリアルダイヤモンドのご感想は本当でした。故人に頼らず自立できるようになることで、悲しみの長いトンネルから抜け出すことができるます。メモリアルダイヤモンドができあがるまでの空白の時間は、悲しみにさよならをいう大切な時間です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事