遺骨ダイヤモンドと一緒にお墓への埋葬する
遺骨ダイヤモンドと一緒にお墓への埋葬する

こんにちは。埼玉県戸田市から半径2kmの終活ガイドです。

遺骨ダイヤモンドの持ち主がお亡くなりになったらどうすればいいでしょうか?
火葬場で聞いたところ「ご本人と一緒に火葬する」「火葬のあと骨壺にいれて埋葬する」方法がありました。
その他に、どなたかが譲り受けることもできます。
リフォームすれば、亡くなられた方の思い出と一緒に、ふたたび身に着けていただくことができます。

遺骨ダイヤモンドといっしょにお墓への埋葬する

遺骨ダイヤモンドをお墓に埋葬する方法をお伝えします。

ご本人と一緒に火葬する

お棺に一緒にいれて、ご本人と一緒に火葬します。
大量だと火葬場でも困ることがあります。
どの程度、貴金属類をお棺に入れていいか、葬儀屋さんに相談してみるといいです。
葬儀社は火葬場に相談することはないかもしれませんが、これまでの経験から的確にご希望を叶えてくださいます。

火葬のあと骨壺に入れて埋葬する

ご本人の火葬が終わった後、お持ちになられていた遺骨ダイヤモンドをお骨壷へいっしょにいれて納骨する方法です。
骨壺にはあまりたくさんの副葬品を入れられないかもしれません。
(遺骨・遺灰が入りきらないこともあるため)
こんな例があったのですが、東京で亡くなられたお母様を山口県で納骨堂にいれられるとき、納骨堂に入りきらなかったご遺骨をダイヤモンドにしたいとご希望をいただきました。
東日本ではご遺骨をすべて骨壺に収めるので7寸骨壺を使いますが、西日本ではご遺骨を一部分しか収骨しないので5寸骨壺が一般的です。
このかたの遺骨ダイヤモンドは、納骨堂から遠いところにお住いのご兄弟が身に着けられるということです。

譲る

遺骨ダイヤモンドをどなたかへお譲りすることもできます。
譲り受けた遺骨ダイヤモンドとリングやペンダントは、いちど宝石店におもちいただいてリフォームしましょう。
表面の研磨をするだけで、見違えるようになります。
ダイヤモンドを留めている金属部分(石留めといいます)は、定期的にチェックするとダイヤモンドが外れる心配がなくなります。
リングの場合は、リングサイズも調整してもらいましょう。
(太くも細くもできます)

メモリアルダイヤモンド

メモリアルダイヤモンドのブランドハートイン・ダイヤモンドの窓口はこちらです。

ホームページ: heart-in-diamond.jp

メール:info@heart-in-diamond.jp

お電話:03-6555-3081

資料請求

メモリアルダイヤモンドの窓口担当をやっているので、わからないことがありましたらお問い合わせください。お急ぎのときは電話も可能です。

「資料を送ってください」とメールいただきましたら、早急に対応させていただきます。

  • メモリアルダイヤモンドの資料請求してみる
    「資料を送ってください」だけで、大丈夫です
  • 疑問があればこのときに質問を入れるといいです
    「遺灰の量はどのくらい必要ですか?」「2つ申し込みしたいのですが」など
  • 郵送でカタログや資料が送られてきますので、ダイヤモンドの色と大きさ、ダイヤモンドをとりつけるジュエリー(リング/ペンダント)のデザインを選定します。

窓口の探し方

窓口の会社は他にも5社程あります。信用できる窓口かどうか、納得して申し込まれることをオススメします。そのためには「カタログを送ってください」「遺骨はどのくらい必要ですか?」など簡単な問い合わせをして、窓口がどのように対応するか様子を見るといいです。

手続きの流れ(例)

  1. 「カタログを送ってください」
    送り先住所・電話番号・連絡がつきやすいメールアドレスを伝える
  2. カタログ・お申し込み方法・ダイヤモンドの選定方法が届く
  3. ダイヤモンドとダイヤモンドをとりつけるリングやペンダントのデザインを選ぶ
    ダイヤモンドはカラーとカラットによって値段が違います
    ダイヤモンドの値段とリングやペンダントの値段を合計すると製作費用になります
  4. 見積依頼をする
    見積書の金額でよかったら申し込みをする
  5. 「申込書を送ってください」
    申込書に署名して送り返す
  6. ご遺骨を送り出す
    骨壷ごと送ることも、ご遺骨を申込書と一緒に送ることもできます
  7. 振り込みする(半額を前払い)
    ダイヤモンドが届く(3ヶ月~半年かかる)
    (待っている間に、進捗状況の報告がときどき届く)
  8. 振り込みする
    (残りの金額を振込して完了)
  9. ダイヤモンドが届く
    感想を投稿する

まとめ|遺骨ダイヤモンドといっしょにお墓への埋葬する

遺骨ダイヤモンドを身につけていらっしゃった方が亡くなったら「ご本人と一緒に火葬する」「火葬のあと骨壺にいれて埋葬する」方法があります。
一番いい方法は、どなたかに譲ることです。
リフォームすれば、亡くなられた方の思い出と一緒に、ふたたび身に着けていただけることでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事