注目の記事

駅の新幹線改札口。在来線が動いているのに新幹線改札はまだ鍵がかかっています。シャッター早く開かないかな、と、待ってるみなさん。このあと、シャッターが開いたらみなさん、雪崩のように流れ込みます。離れてみていよう。と、思いながら待っていますが、やることがありません。駅構内の看板を眺めてみたり、人の流れを見送ったり。

そうこうするうちに(だいたい20分くらい待って)、シャッターが上がり始めました。シャッターが上がって、みなさん30名くらいが改札を次々に通過していきます。その流れを私は、スマホで動画に収めながら15秒位の出来事を眺めていました。異様に思うのはシャッターが上がりきって列が動き始めることと、シャッターが開くのを列を作って待っていることです。別に列を作らなくてもいいのではないでしょうか?と私。

というのも、シャッターが開いてすぐに新幹線が到着するわけでもないからです。新幹線改札内の売店は、まだあと30分開店しません。待合室のスペースはたぶん十分にあるはずです。考えられるとしたら、寒かったからペンギンみたいに寄り添って待っていただけかもしれないと思いました。きっと違うと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事