注目の記事
ポッドキャスト私の医歴書|昭和大学病院小児循環器・成人先天性心疾患センター特任教授S先生
佐野俊二先生

こんにちは。川口市から半径2kmの終活ガイドです。

S先生(昭和大学病院小児循環器・成人先天性心疾患センター特任教授)のポッドキャストが公開されていました。子どもの頃から学生時代までのお話を伺いました。先生が医師を目指された最初のきっかけは小学生の時に腕の怪我をした時だったそうです。その時にどんなことがあったのか?その後、医師を志して入学した大学ではどんなことに力を注いでいたのか?恒例の質問「先生にとって医師の仕事とは?」のお答えまで興味深いです。

ポッドキャスト私の医歴書|昭和大学病院小児循環器・成人先天性心疾患センター特任教授S先生

第1回は、子どもの頃から学生時代までのお話です。先生が医師を目指された最初のきっかけは小学生の時に腕の怪我をした時だったそうです。その時にどんなことがあったのか?その後、医師を志して入学した大学ではどんなことに力を注いでいたのか?恒例の質問「先生にとって医師の仕事とは?」です。意外なお応えにびっくりしました。

第2回は、岡山大学を卒業してからは、当時としては異例の兵庫県立尼崎病院に入局。この経緯や、その後オークランド大学グリーンレーン病院に留学した時のお話を伺いました。世界トップのバレットボイス先生へ、紹介状もなかったところから弟子入りを認めてもらったエピソードには、佐野先生の情熱が隠されています。最後の質問「日本の医療の良さとは?」です。

第3回では、1987年からメルボルン大学附属小児病院に留学されていた時のお話です。ここでもロジャーミー先生に師事し、36歳の時には日本人で初めての准教授になられました。先生がここまでの功績を残された裏には沢山の努力がありました。最後の質問「先生のこれまでの成功は、才能・努力・運のどれによるものですか?」この質問の前に差の先生の生きざまにも繋がるお話でした。

S先生は岡山大学でしたね

S先生は岡山大学を卒業してからは、当時としては異例の兵庫県立尼崎病院に入局。この経緯や、その後オークランド大学グリーンレーン病院に留学した時のお話を伺いました。世界トップのバレットボイス先生へ、紹介状もなかったところから弟子入りを認めてもらったエピソードには、佐野先生の情熱が隠されています。最後の質問「日本の医療の良さとは?」なるほど〜。

ところでポッドキャストの中で「広島県の出身です」とおっしゃられたところで、私も思いました「岡山大学だから広島県から志願された方も多いはずだな、どこなのかな?」と、いうのも私の出身が福山市だからです。アナウンサーのYさんが気を利かして質問してくださいました「広島県のどちらですか?」「福山市です」。え?出身は同じなのですね、私と。されに聞いていると「芦田町(あしだちょう)」と聞き取れました。S先生の声が小さいのでよく聞き取れない……。

芦田町といわれたなら私の父と同じあたりになります。帰省したらS先生のことを知っているか父にも聞いてみます。ウィキペディアにはS先生の出身地は「駅家町(えきやちょう)」と表示がありました(いずれにしても近くです、駅家町だとしたら母方の従妹の近所です!)。

S先生と私

小児心臓外科医のS先生をときどき学会でお姿を拝見することがありました。もともといらっしゃった岡山大学でS先生のことを知らない営業マンはいません。現在は昭和大学の特任教授ですので、都内にいらっしゃることもあるのでしょうね。

S先生を強く認識したのは岡山大学から自治医大へK先生が異動されたときです。K先生はすばらしい腕前と患者やご家族からも人気の先生だったのですが、現在は自治さいたまで循環器の外来を受け持たれていらっしゃるそうです。すこしもったいない感じがします。そのK先生の育ての親がS先生でした。K先生の喋り方がS先生とそっくりというのも理解できました。

育ての親というのは私が勝手に解釈した人間関係です。あとは、学会があるごとに、評議員会や総会でお名前を耳にし、運が良ければS先生が座長をされていらっしゃるセッションを聴講もできました。運が良ければというのは、だいたいそのような一般向けのお仕事よりも取りまとめのお仕事の方が大変なのかと思いますが、S先生よりも岡山大学の心臓血管外科医師の方々が任されているように思いました。

ところでポッドキャストは?

私の医歴書に新しい先生のお話がでると、必ず聞くようにしています。私は医療機器の営業担当なので、著名な医師が幼少期からどのように育ってこられたのか興味があります。その興味をみたしてくれて、しかも、ポッドキャストを聴くだけでいいのはありがたい企画です。

ポッドキャスト番組「私の医歴書」は毎週水曜日に配信されていて、私の好きな番組です。1週間に1回なのはすこし頻度が低い気がしますが、他の番組も聴いている方にとっては、適当な頻度なのかもしれません。iPadを使っているのでアップルに登録して聞いています。

私の医歴書

ポッドキャスト番組『私の医歴書』の紹介です。医療の第一線で活躍されている先生方に、これまでの医療人としての半生と医療に対するお考えをお伺いするインタビュー番組となっております。記念すべき第一回は、東京女子医科大脳神経外科教授M先生(現在は、神戸大学 未来医工学研究開発センター及び医学研究科・医学部教授です)にご出演頂きました。今後も定期的に配信します。

毎週水曜日の配信を予定です。お時間ございましたら、下記の音声配信先より、アクセス頂けましたら幸いです。なお、番組の動画は『Surgical BOX』にて配信する予定です。※Surgical BOXは医療従事者向けサービスとなります。

「私の医歴書」Apple 「私の医歴書」Spotify 「私の医歴書」Google 「私の医歴書」Amazon

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事