注目の記事

こんにちは。川口市から半径2kmの終活ガイドです。

少子高齢化や核家族化の進行によりお墓を管理する人がいない無縁墓(むえんばか)が増加し、墓じまいをする人が増えています。「墓じまいとは何か?手順や費用」についてやさしく解説します。

墓じまいとは何か?手続きとその費用

墓じまいとは、お墓に納めているご遺骨を取り出し、お墓を閉じることをいいます。納められていたご遺骨は、永代供養墓地(えいたいくようぼち)に移したり、遺灰を海や山にまいて供養します。墓地は更地にして、お寺や霊園に返します。墓じまいにかかる費用の相場は、「20万円~50万円程度」です。

墓じまいの手続き

墓じまいの手続きはこのようになります。

墓じまい
  • お墓の管理者に「墓じまい」の相談
  • 役場で 改葬許可証をいただく
  • 現在の墓地の管理者から遺骨を受け取る
  • 引越し先の墓地へ納骨する

まず、お墓の管理者に「墓じまい」の相談をする

墓じまいするためには許可をもらう必要があるため、まずはお寺や霊園の管理者に「墓じまいする旨」を伝えましょう。また、後々のトラブルを避けるためにも、墓じまいする際には家族で話し合い「親戚の同意」を得ることも忘れないようにしてください。お墓の管理者へ墓じまいを伝えに行く際には、菓子折りを包むのがマナーです。

お墓の管理者に提携している石材店がないか尋ねてみてください。次のステップに進む前に、石材店2~3社から見積もりを取るのがおすすめです。石材店によっても金額やサービス内容が異なりますので、石材店なりの強みを事前に知っておくといいです。

同時に、石材店に依頼する(墓じまいの手配)

墓じまいのことなら、早めにお墓の専門家(石材店)に相談するといいです。墓じまいは、石材店なしに行うことはできません。早めに相談しておくと作業手順がわかり便利です。

石材店に聞いておくといい内容
  • どのような手続きが必要なのか
  • どのくらいのお金がかかるのか
  • 誰にどのタイミングで支払いする必要があるのか

なぜかというと、墓じまいは人生で何度も経験することが無いからです。こういった初めて体験し、そのあと2度と経験することもない場合は、早めに専門家を頼るといいです(私の場合の他の事例ですが、生命保険の見直しをファイナンシャルプランナーさんにお願いしたりしています)。

改葬許可証は役場に行って手配する

墓じまいには役場の許可が必要です。改葬許可証の申請手続きをします。お墓のある地域を管轄する役場を訪問し3点の書類(後述)を提出します。その場で改葬許可証を発行してもらえます。改葬許可証は、現在の墓地の管理者から遺骨を受け取るときと、引越し先の墓地へ納骨するときに必要になります。次にあげる書類が必要です。

改葬許可申請書

遺骨を取り出したり、納骨するときに必要な「改葬許可証」を発行してもらうための申請書です。現在のお墓がある市区町村の役所で用意されています。

埋葬証明書

この人の遺骨はこの墓地に納骨されていますということを証明する書類です。現在の墓地の管理者から発行してもらえます。「埋蔵証明書」「収蔵証明書」「遺骨埋葬証明書」「納骨証明書」ともいいます(地方自治体により呼び名が違います)。

受入証明書

新しい墓地への納骨を承認したと証明する書類です。引越し先の墓地の管理者から発行してもらえます。「永代供養許可証」とも呼ばれます。

現在の墓地の管理者から遺骨を受け取る

書類がすべて揃いましたら、石材店さんとお墓の管理事務所に連絡を入れます。現在のお墓を撤去して更地にしたり、遺骨を取り出して引越し先のお墓に納骨する作業は石材店がすべて行います。お寺の場合はご供養もしてもらいますので、日程も事前に決めておきます。

墓じまいの作業を行う

遺骨を取り出すための儀式「閉眼供養(へいがんくよう)・魂抜き(たまぬき)」を行います。閉眼供養の際に、僧侶へお布施「1~5万円程度」を包みます。また、現在のお墓を離れて遺骨を移すことを「離檀(りだん)」と呼び、お寺へのお礼の意味も含めて、離檀料「3万円~15万円程度」を渡すのが一般的です。石材店にお墓の解体・撤去工事、遺骨の引取りを行ってもらい、お寺や霊園の管理者に土地を返します。

引越し先の墓地へ納骨する

引越し先のお墓に納骨する際には「納骨式」を行い、僧侶へお布施「3万円~5万円程度」を包みます。遺灰を海や山にまく場合は、業者に頼んで散骨をして、墓じまいが終了します。散骨や手元供養などの際は念の為の注意も必要です。すぐに遺骨を埋葬しないことによるトラブルを避けるため「遺骨引渡証明書」を墓地の管理者に発行してもらっておいてください。

墓じまいにかかる費用

墓じまいにかかる費用の相場は、「20万円~50万円程度」です。その内訳は、

墓じまいの費用
  • 10万円~30万円:お墓の解体・撤去費用
  • 3万円~15万円:離檀料
  • 1万円~5万円:閉眼供養のお布施代
  • 3万円~5万円:納骨式のお布施代
  • 1万円~2万円:その他(納骨式の会食費や車代)

お墓の解体・撤去費用は場合によって、50万円を超えるなど高額になることもあります。あらかじめ石材店にお見積もりを依頼しておくと安心です。

墓じまいから散骨する

最近は「墓じまい+散骨」する人が増えています。お墓の管理をする必要がなくなり、金銭的な負担も減るため、肩の荷が下ります。散骨して遺灰がなくなってしまうのが少し寂しいと感じる方は、遺灰の一部を手元に残してメモリアルダイヤモンドするのもよいでしょう。

まとめ|墓じまいとは何か?手続きとその費用

墓じまいとは、お墓に納めているご遺骨を取り出し、お墓を閉じることです。納められていたご遺骨は、永代供養墓に移したり、遺灰を海や山にまいて供養します。墓地は更地にして、お寺や霊園に返します。墓じまいにかかる費用は「20万円~50万円程度」が相場です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事