注目の記事

こんにちは。川口市から半径2kmの終活ガイドです。

遺骨から作るダイヤモンドは、どのようにして作るのでしょうか。そもそも、ダイヤモンドを人類が作り出すことができるのかも疑問です。そんな疑問が遺骨から作るダイヤモンドはうそではないか?という不信感につながるのだと思います。今回は、ダイヤモンドの作り方解説です。

遺骨ダイヤモンドの作り方は?

天然のダイヤモンドは地下150kmの高温高圧で炭素が結晶化したものです。同じ方法で1950年代に人工ダイヤモンドの工業化にGE社が成功。初めて、ご遺灰から炭素を取り出して遺骨ダイヤモンドをつくったのが2004年です。現代のラボでも、純粋な炭素の抽出とダイヤモンド結晶の成長のため、数か月の時間が必要です。

遺骨ダイヤモンドは、火葬後の遺灰や遺骨から炭素を抽出し、高温高圧 (HPHT)法 によりつくられたダイヤモンドのことです。天然ダイヤモンドができる地下150kmと同等の高温高圧環境を人工的に作り出すことで、炭素がダイヤモンド結晶化します。メモリアル・ダイヤモンドとも呼ばれています。

地下150kmとは

東京駅から横方向に150kmというと、東海道本線の静岡県富士駅(146.2km)になります。
あるいは、中央線では山梨県韮崎駅(147.0km)、東北線の栃木県西那須野駅(151.8km)くらいです。
地下150kmは、地殻より深く、マントルが高温で対流している深さです。

ダイヤモンドができる高温高圧とは?

人工ダイヤモンドの作り方は、炭素に高圧(約10万気圧)と高温(約1,600℃)をかけて合成されます。高圧プレスはキュービックプレス(四方+上下の6方向油圧プレス)で作られるダイヤモンドが多くを占めています。

天然ダイヤモンドは地球内部で数百万年成長した炭素の結晶です。遺骨ダイヤモンドは、地球内部と同じ状態を作りだし、炭素を結晶化させます。天然ダイヤモンドとの違いは、それが短期間(数か月)で終了することです。

人工ダイヤモンドをつくったGE

ダイヤモンドが炭素でできていることが発見されたのは18世紀後半です。人工ダイヤモンドの合成に成功したのは1879年ですが、この製法で再現することができませんでした。その後、アメリカのゼネラル・エレクトリック社がカット可能なダイヤモンドがつくったのは、1970年です。

1980年代には、天然ダイヤモンドと同等以上の宝石として、品質面と量産面での技術が確立しました。現在は、ダイヤモンド専門の鑑定士でさえ、遺骨から作ったダイヤモンドなのか天然のダイヤモンドなのかを鑑定することはできないと言われています。

ダイヤモンドという呼び名はダイヤモンドにしか使うことができないので、鑑定士もダイヤモンドかどうか鑑定するだけだからです。遺骨ダイヤモンドの場合は、その鑑定士によって国際基準の4C(カラー・カラット・クラリティ・カット)の鑑定が行われ、どなたのご遺骨から作られたのかという証明書をつけて御手元に届きます。

はじめての遺骨ダイヤモンドは?

はじめての遺骨ダイヤモンドは2004年にアメリカで販売されています。

メモリアルダイヤモンド

heartindiamond.jp

メモリアルダイヤモンドのブランドハートイン・ダイヤモンドの窓口はこちらです。

ホームページ: heart-in-diamond.jp
メール:info@heart-in-diamond.jp
お電話:03-6555-3081

資料請求

メモリアルダイヤモンドの窓口も担当しています。わからないことがありましたらお問い合わせください。「資料を送ってください」とメールいただきましたら、他の窓口に負けない早さで対応させていただきます。

資料請求の方法
  • メモリアルダイヤモンドの資料請求してみる
    「資料を送ってください」だけで、大丈夫です。
  • 疑問があればこのときに質問を入れるといいです。
    「遺灰の量はどのくらい必要ですか?」「2つ申し込みしたいのですが」など
  • 郵送でカタログや資料が送られてきますので、ダイヤモンドの色と大きさ、ダイヤモンドをとりつけるジュエリー(リング/ペンダント)のデザインを選定します。

お急ぎのときはお電話も可能です(電話:03-6555-3081)。

窓口の探し方

窓口の会社は他にも5社程あります。信用できる窓口かどうか、納得して申し込まれることをオススメします。そのためには「カタログを送ってください」「遺骨はどのくらい必要ですか?」など簡単な問い合わせをして、窓口がどのように対応するか様子を見るといいです。

手続きの流れ(例)

  1. 「カタログを送ってください」
    送り先住所・電話番号・連絡がつきやすいメールアドレスを伝えます。
  2. カタログ・お申し込み方法・ダイヤモンドの選定方法が届きます。
  3. ダイヤモンドとダイヤモンドをとりつけるリングやペンダントのデザインを選びます。
    ダイヤモンドはカラーとカラットによって値段が違います。
    ダイヤモンドの値段とリングやペンダントの値段を合計すると製作費用になります。
  4. 見積依頼をします。
    見積書の金額でよかったら申し込みをします。
  5. 「申込書を送ってください」と、依頼します。
    申込書に署名して送り返します。
  6. ご遺骨を送り出します。
    お骨つぼごと送ることも、ご遺骨を申込書と一緒に送ることもできます。
  7. 振り込みします(半額を前払い)。
    ダイヤモンドが届きます(半年かかるようです)。
    (待っている間に、進捗状況の報告がときどき届きます)
  8. 振り込みします(残りの金額を振り込みして完了です)。
  9. ダイヤモンドが届きます。
    感想を投稿します。

まとめ|遺骨ダイヤモンドの作り方は?

ダイヤモンドは地下150kmの高温高圧で炭素が結晶化したものです。同じ方法で1950年代に人工ダイヤモンドの工業化にGE社が成功しました。初めて、ご遺灰から炭素を取り出して遺骨ダイヤモンドをつくったのが2004年です。現代のラボでも、純粋な炭素の抽出とダイヤモンド結晶の成長のため、数か月の時間が必要です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事