注目の記事

こんにちは。川口市から半径2kmの終活ガイドです。

メモリアルダイヤモンドを作るときの注意点は「家族みんなで決める」「早めに相談する」「誠心誠意対応してもらえるか」です。「遺骨の受け渡し方法」「意外と高い」「数か月かかる」などのご相談もよくききます。まずメールで資料請求してみましょう。親切ていねいに対応してもらえるようなら、その会社にお願いするといいです。

メモリアルダイヤモンドの注意点

遺骨ダイヤモンドを作るときの注意点は「家族みんなで決める」「早めに相談する」「誠心誠意対応してもらえるか」です。

「遺骨の受け渡し方法」「意外と高い」「数か月かかる」などのご相談もあります。合わせて注意しておきましょう。

家族みんなで決める

葬儀の合間に、家族みんなで相談してメモリアルダイヤモンドに決めることが多いです。

  • これからどのようにお弔いしていくのか
  • どこにお墓を建てるか
  • お墓を立てないとしたら、どのようにするのか。分骨するのか


現代は、核家族化と高齢家族が増えていますので、無理にお墓を立てない方法を決められることも多いです。
家族みんなで納得するようにしましょう。

早めに相談する

お葬式のときにお世話してくださっている葬儀社さんへ早めに相談しておきましょう。

  • メモリアルダイヤモンドにしたい
  • 資料を取り寄せてほしい
  • 収骨の際に、ダイヤモンド用に取り分けておきたい

こうすることで火葬場でご遺骨を取り分けておく手続きが迅速に行えます。もちろん、火葬から納骨までに家族で決められない場合もあります。

葬儀社でサポートしてもらえないようでしたら、納骨をお願いする石材店か、遺骨ダイヤモンドの会社に直接相談するのも良いかと思います。

誠心誠意対応してもらえるか

メモリアルダイヤモンドの会社は数社あります。メモリアルダイヤモンドの窓口へ直接、問い合わせするときもどこにすればいいか迷うかもしれません。

各社どこでも大丈夫です。なぜなら、お値段や品質、できあがるまでの期間、デザインはどこもほぼ同じだからです。もしも、窓口の対応が悪ければ注文しなければいいだけです。

メモリアルダイヤモンドを作るときは、個別に質問したいこともよくあります。日本語で電話対応してもらえたり、誠心誠意対応してもらえることが大切です。納得できれば、その窓口にお願いしてみましょう。

遺骨の受け渡し方法

メモリアルダイヤモンドについて多い質問のひとつに「遺骨の受け渡し方法」があります。どのように受け渡しをするのか、会社(窓口)によって違いがありますので、質問してみましょう。

御遺骨の郵送キットが届き→送料負担は不要で発送(お骨壷ごと送る方もいらっしゃいます)

天然ダイヤモンドよりも割高

メモリアルダイヤモンドは天然ダイヤモンドよりも割高です。理由は、

  • 遺骨を厳密に管理している
  • 炭素を取り出している
  • 炭素を高温高圧でダイヤモンドの結晶化させている

からです。天然物と養殖物に例えてしまうと、天然物が安い理由を理解しにくいかもしれません。天然ダイヤモンドが安くなりすぎていることも、メモリアルダイヤモンドのほうが割高な理由です。「ブラッド・ダイヤモンド」「紛争ダイヤモンド」問題をご存知でしょうか?

ブラッド・ダイヤモンド問題

ダイヤモンドが多く産出されているのはアフリカです。1980年代から90年代にかけて多くの内戦がありました。内戦の原因と長期化してしまった原因の一つがダイヤモンドだったのです。

特定非営利活動法人ダイヤモンド・フォー・ピースより

メモリアルダイヤモンドがブラッド・ダイヤモンド問題の解決策の一つになると考えています。

数か月かかる

メモリアルダイヤモンドに加工する作業所をラボとよんでいます。それは大量生産を目的としたダイヤモンド工場ではないからです。

ラボではご遺骨から微量に残った炭素を抽出し、ゆっくりとダイヤモンドを生成していきます。通常、数か月かかります。ラボでお預かりする期間が長くなる理由は、少ない遺骨から炭素を抽出するためと、集めた大切な炭素からなるべく大きなダイヤモンド結晶を成長させようとしているからです。

メモリアルダイヤモンド

heartindiamond.jp

メモリアルダイヤモンドのブランドハートイン・ダイヤモンドの窓口はこちらです。

ホームページ: heart-in-diamond.jp
メール:info@heart-in-diamond.jp
お電話:03-6555-3081

資料請求

メモリアルダイヤモンドの窓口も担当しています。わからないことがありましたらお問い合わせください。「資料を送ってください」とメールいただきましたら、他の窓口に負けない早さで対応させていただきます。

資料請求の方法
  • メモリアルダイヤモンドの資料請求してみる
    「資料を送ってください」だけで、大丈夫です。
  • 疑問があればこのときに質問を入れるといいです。
    「遺灰の量はどのくらい必要ですか?」「2つ申し込みしたいのですが」など
  • 郵送でカタログや資料が送られてきますので、ダイヤモンドの色と大きさ、ダイヤモンドをとりつけるジュエリー(リング/ペンダント)のデザインを選定します。

お急ぎのときはお電話も可能です(電話:03-6555-3081)。

窓口の探し方

窓口の会社は他にも5社程あります。信用できる窓口かどうか、納得して申し込まれることをオススメします。そのためには「カタログを送ってください」「遺骨はどのくらい必要ですか?」など簡単な問い合わせをして、窓口がどのように対応するか様子を見るといいです。

手続きの流れ(例)

  1. 「カタログを送ってください」
    送り先住所・電話番号・連絡がつきやすいメールアドレスを伝えます。
  2. カタログ・お申し込み方法・ダイヤモンドの選定方法が届きます。
  3. ダイヤモンドとダイヤモンドをとりつけるリングやペンダントのデザインを選びます。
    ダイヤモンドはカラーとカラットによって値段が違います。
    ダイヤモンドの値段とリングやペンダントの値段を合計すると製作費用になります。
  4. 見積依頼をします。
    見積書の金額でよかったら申し込みをします。
  5. 「申込書を送ってください」と、依頼します。
    申込書に署名して送り返します。
  6. ご遺骨を送り出します。
    お骨つぼごと送ることも、ご遺骨を申込書と一緒に送ることもできます。
  7. 振り込みします(半額を前払い)。
    ダイヤモンドが届きます(半年かかるようです)。
    (待っている間に、進捗状況の報告がときどき届きます)
  8. 振り込みします(残りの金額を振り込みして完了です)。
  9. ダイヤモンドが届きます。
    感想を投稿します。

まとめ|メモリアルダイヤモンドの注意点

メモリアルダイヤモンドを作るときの注意点は「家族みんなで決める」「早めに相談する」「誠心誠意対応してもらえるか」でした。「遺骨の受け渡し方法」「意外と高い」「数か月かかる」などの質問もよくあります。まずメールで資料請求してみましょう。親切・ていねいに対応してもらえる会社にお願いするといいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事