注目の記事

こんにちは。川口市から半径2kmの終活ガイドです。

明日の土曜日は出勤です。ポッドキャストの収録お手伝いをします。

他にも数名が収録で出勤するので、私としても担当エリアの医師をお迎えする都合上、欠席しますとは言い出しにくいわけです。先程、帰宅して家族に明日も仕事になったよと伝えましたら「そう、たいへんね」というお返事。これまでは「あ、そう」で、終わっていたので私にとっては「たいへんね」のひとことがとてもありがたく聞こえました。

明日の土曜日は出勤です

そういえば会社に土曜日出勤の申請を出していません。こちらは明日の朝早めに出社して提出してこようと思います。許可は事後承諾になりますが。もう一つ問題は、土曜日にボランティアで小学3年生の教室を休まないといけないことです。こちらは外部のかたで獨協大学の先生がボランティアに参加してくださっているので、お願いすることにしました。始めたばかりのボランティアを単独で任されることほど心細いことはないかもしれません。O先生、ごめんなさい。

さらにもう一つ、こちらはすでに断ってしまいましたが、終活協議会のHさんから「心託コンシェルジュのお手伝いをおねがいできないでしょうか」というお話も頂いておりました。こちらはポッドキャストの予定に参加するほかのスタッフに聞いて、やはり私が欠席することはできないという結論になったので、断腸の思いでお断りしました。心託コンシェルジュの仕事は、今回はじめての依頼だったので極力断りたくなかったのですが、仕方ないですね。こちらもごめんなさい。

夫が自宅でブラブラしていることの善悪は?

それはそうと、こういうことを時々考えてしまいます。夫が自宅でブラブラしていることの善悪は?皆さんにもそれなりのお考えはあることだと思います。我が家の場合、私が自宅にいればめんどくさがられ、自宅にいなければ頼りにならないなと思われる運命だと思っています。それは、答えがない問題で、こうだといえば必ず違うと言われるような問題ではないかと思います。

今のところ、なるべく外出するようにしています。人間関係には適度な距離感が必要だと信じています。外出先の候補ですが、以前はあいパル(上戸田地域交流センター)とマクドナルドでした。マクドナルドは2店舗が徒歩圏内にあり、常にどちらも顔見知りの状態にしていました。いまは、終活協議会さんの他は、散歩で行くT公園、近所の葬祭センターなどへもよくでかけます。

妻が自宅にいないことの善悪は?

うちの奥様が自宅にいないこともよくあって、私が自宅でパソコン作業をしているときに、でかけていく姿をよく見かけるようになりました。自宅でお洗濯や掃除やお料理しているばかりが奥様の仕事ではないですし、なんなら1泊旅行とか海外旅行とかしてきてもいいと思っています。申し訳ないのは、必ず帰ってきたら私の食事を用意してくれること。私は料理できないと思われているのかもしれません。

本当のことをいうと、奥様が自宅にいないのは少しさみしくて、それを紛らわせるためにテレビやラジオを付けて、パソコン作業を中断してしまいます。私は料理ができると自分では思っていますが、それすらも強がって料理ぐらいできると思っているだけかもしれません。出かけるときにどこに行くの?とか、どこ行ってきたの?とかと声がけもしません。きっと自分は内心で寂しいのだと思います。

本当に料理ができるのでしょうか?

20代前半はグループホームで住み込みボランティアをしていましたので、実は料理が得意です。当時、最初のころは食事当番で頑張って作っても食事をボイコットされることがよくありました。そのうち、塩加減のコツがわかり、スパイスの使い方がわかり、万能食材の玉ねぎとミンチ肉の使い方がわかって、誰も残さない食事を提供することができるようになったのです(という、自慢ですね)。

そういう夫に対して、奥様からは結婚当初「キッチンが散らかる」「片付けが雑」のような宣言をいただき、ケーキ作りで奥様の叱責を浴び、皿洗いでは「もうやらないで」宣言を受けて、キッチンから遠ざかりました。先日、黒川伊保子さんの「妻のトリセツ」を読んでから、あの頃の自分の反応は間違いだったのかと気づきましたが、すでに遅し!です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事