注目の記事

金融庁のシミュレーションをやってみました。結果は、年金収入と毎年の支出は変わらないのですが、どうやら寿命を迎える頃にマイナスになっているようです。気になる右肩下がりの線は累積赤字を示していて、寿命を迎える頃にマイナス2000万円になっています。

終活が心配で、金融庁のシミュレーションやってみました

金融庁のホームページから老後の資金のシミュレーションを実際にやってみました。みなさんは、ご自分で調べると大変なので、ファイナンシャルプランナーさんにお願いするといいです。ファイナンシャルプランナーさんのようなお金の専門家と早めに出会っておくと、これからの人生を最後までお金のことで伴走してもらえて便利です。

ファイナンシャルプランナーさんに相談してみました

私は終活ガイドとしてファイナンシャルプランナーのIさんと一緒にコラボ・セミナーを開催しているので、無理を言えば相談にのってもらえる専門家が近くにいます。金融庁の結果のグラフを見てもらったのですが「2000万円ではなくて6000万円ですね」というわけのわからないコメントが来ました。

言われてよく見たら、不足する老後の資金の合計額が、6000万円だったのです。2000万円だと思って眺めていただけでもショックだったのですが、そのショックが3倍になってしまいました。グラフの左と右とに金額の目盛りが付いていて、累計の場合は右の目盛りを見なくてはいけなかったようです。

通常の老後の資金の不足額

日記というよりも、終活カテゴリーのような記事になってしまいました。老後の資金の必要額は最低でも2300万円というのは、自宅のリフォームや葬儀など、生活以外の費用が含まれていないからです(詳しくは終活のカテゴリーをご覧ください)。老後資金2000万円問題はご夫婦の老後の場合です。おひとり様の場合はそれより多いです。この額は厚生年金ではなく国民年金で、賃貸マンションではなくて持ち家の場合です。

ですので、おひとり様は2300万円以上必要です。貯金だけではムリです。資産運用で長期的増やしていくといいです。老後資金はできるだけ早くから始めてください。家計の見直しも大切です。私の場合は、賃貸マンションで家族ですので、もう少し焦ります。

お金で焦る人

お金がない人は焦りがあって、そういうときに何か始めると失敗しがちになります。終活のカテゴリーにもこんな記事を書きはじめていますが、老後の資金対策を始めるのなら、毎日のお金に心配してない今がいいですね。本当に焦るのは、もう何も打つ手がなくなったときです。ですのであまり無理しないようにしましょう。

私が悩んでいること
  • 年金2,000万円問題はやっぱり問題だと思う。なにか、今のうちできることはない? 
  • 親は嫌がっているけど介護を受けたほうがいいと思う。いつ、どこに申請するの?
  • 夫婦仲がいいほうじゃないけど、熟年離婚になっちゃうのかなぁ〜?

ですが、本当はお金で焦ったり悩んだりすると、結果的にお金に振り回されることになります。皆さんにはそのこともお伝えしたいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事