アムウェイで学んだ安い洗剤でも靴下を真っ白にするおすすめの方法
洗濯中

結論:予洗い・つけ置きです。

出張や旅行から帰ってきました。一番にやることといえば洗濯です。先日は群馬県へ行ってきました。民家の広い軒下(のきした)に洗濯を干しているお母さんがいらっしゃっいました。「雨の日は大変ですよね?」と話しかけると「雨の日は洗濯しない」という返事が印象的でした。

そういえば昔は、雨の日に洗濯していませんでした。すっかり忘れていましたが。

干しても乾かないときは洗濯しない

乾かない日は洗濯をあきらめる。これだけで生活のストレスをやわらげることができます。

洗濯をしないと着ていく服がない?そんな声も聞こえます。昨日の服を着ておいてください。シマチュウやシマムラの下着やアウターがタンスや引き出しにたくさんありませんか?

すべて活用しましょう。

洗濯のコツ

この群馬県のお母さんから教わった洗濯のコツは、これだけ(雨の日には洗濯しない)ではありません。覚えている限りの話をお伝えいたします。

洗濯のコツ
  • 予洗い(よあらい)
    汚れだけを重点的にてもみ洗いする
  • つけ置き
    酵素パワーでタンパク質や油汚れに効果的

残念ながら、てもみ洗いはこれからも不滅です(泣)。

作業着の油染みや塗料汚れは洗剤だけでは落ちません。ヘラを使ったり、ブラシでこすって落とします。そんな作業をしていると、気がつくことがあります。

身の回りのものを大切に使おう

せっかく予洗いしてキレイになった作業着ですが、夕方にはまた油汚れになって帰ってきます。それをまた、予洗いして洗濯機へ。

これを繰り返しているうちに気がつきます。作業着といえども大切に使おうと。作業着といえども大切にしていると、プロ感がでてきます。プロは作業着を汚しません。それに、

怪我や事故を防げるようになる

怪我や事故を減らすことにも繋がります。もしも、あなたが誰かの洗濯をしているのなら、予洗いをすることに加えて、こんなことも伝えてあげましょう。

伝えにくいけど伝えたほうがいいこと
  • プロは作業着を汚さない(上述)
    同じことは「高校野球でも優勝校はユニホームが汚れない」(諸説あります)
  • 予洗いをしていることをさり気なく見せる
    ことばで伝えるのではなくて、背中を見せてあげてください。

ことばで伝えるよりも、背中で見せるほうが何倍も効果があります。それに、いやみったらしくないです。それが原因で口論にもなりにくいです。

予洗いは一手間増えるのが問題ですが、

予洗いは意外と簡単なのです、とくに靴下

予洗いは意外と簡単なのです。どうするのかというと、

意外と簡単な予洗い
  • 手袋をはめる
    洗剤で手が荒れないように気をつけます
  • ブラシやヘラを用意しておく
    手もみ洗いするよりもラクです
  • 濃いめの洗剤を使う
    ある程度汚れが落ちたら洗剤が残ったまま洗濯機へ入れます

注意点は、意外と簡単な予洗いをいかにも大変な作業だと見せかけること(背中で上記メッセージを伝えるために)、です。

つけ置き洗い、とくに靴下

つけ置き洗いは手間がかかりません。バケツに洗剤を溶かして、そこに洋服を入れて一晩寝かせるだけです。朝になったら、洗濯機へ流し込んで、スイッチポン。朝ご飯を食べている間に、洗濯完了しています。

群馬県のお宅は大きい農家さんでした。庭に自動車が3台停まっていました。洗濯物を干すのは、庭先ではなくて軒下です。上が納屋の農機具を入れる倉庫で、その1階部分のような場所です。

広いし、風通しがいいので、洗濯を干す場所にはもってこいです。

洗濯で大切なもう一つのこと:風通し

このような広い物干し場は、(私のような)アパート住まいのサラリーマンにはありません。ベランダ干しか部屋干しです。

太陽が照っているほうがよく乾くと思われがちですが、風が強いほうがよく乾きます。太陽が照っていても無風状態だと乾きが悪く、かえって匂いが残ります。雨降りでも、屋根がある場所で、風が入ってくれば洗濯物は乾きます。

雨降りには洗濯しないという方にも、参考になる工夫をお話します。それは、

脱水は2度する

脱水は2度する、です。たった8分余分に時間と電気を使うだけで、ワイシャツなら「もう乾いている」くらいな感じになります。干すときは、バサバサとやって、服の繊維と繊維の間に空気を送ってあげます。ハンガーに干すときは、襟元を伸ばさないようにしましょう。乾いたあと首周りがヨレヨレになってしまいます。

ところで、

アムウェイの洗濯理論は

アムウェイはもともと洗剤屋さんです。洗濯や洗剤に対して独特のポリシーがあります。

成功とかの話しは別にして、ポリシーとはこういうことではないかと思います。

アムウェイの選択理論
  • 自然環境や健康への配慮
    界面活性剤や消泡剤など洗濯に不要な添加物を減らす
  • 見た目の洗濯ではない
    本当にキレイにする洗濯方法とセットで洗剤を提供、手間をかけることで洗濯も楽しくなる
  • 日常生活を改善する
    洗濯を通して「身の回りを考える」ことができます。手間を掛けることが楽しくなります。

ところで、私は最近、洗濯機の性能に疑問を感じるようになりました。

新しい洗濯機がほしい

それも、2槽式洗濯機がほしいです。今使っている全自動洗濯機の問題点は、

全自動洗濯機の問題点
  • 融通がきかない
  • つけ置き洗いが出来ない
  • ただ回しているだけ

融通がきかないというのは、例えば脱水を長めにしたくてもできないという点です。

つけ置き洗いをしようとすると、つけ置き1時間後に自動排水してしまい、つけ置き洗いすることが出来ません。

全自動化されて便利な洗濯機ですが、そのままではあまりキレイになっていない気がしています。

2槽式洗濯機でできること

2槽式洗濯機に期待を寄せている点は、

2槽式洗濯機でできること
  • 時間短縮・水の節約
    洗い→すすぎ→脱水、バケツと併用すれば水を溜める時間が短縮可能(手間は増大)
  • 省スペース
    3.5lの小さい2槽式洗濯機なら本体たったの10kgでワンルームのユニットバスへ設置可能
  • くず取り
    くず取りネットを設置できる(全自動洗濯機はクズが服に残ってしまっていたので)

こんな事ができるはずです。洗濯を通して日常生活を考えてみた結果でした。

アムウェイで学んだ安い洗剤でも靴下を真っ白にするおすすめの方法のまとめ

予洗い・つけ置きをすること、でした。市販の安い洗剤でも、工夫することで靴下も真っ白にすることが出来ます。

ぜひ試してみてください。

おすすめ記事